SONY ZS-66

(1993年発売)
ソナホークシリーズ末期の機種。
初期の機種と比べると、やや子供っぽい雰囲気になりましたが
ソナホークシリーズの伝統は引き継がれ、発展しています。

各部の紹介


まず目を惹くのは鮮やかなブルーのディスプレイ。
前モデルまではムギ球だったのですが、この代からはELバックライトになったようです。
それにしても色々なアイコンがあってにぎやかなディスプレイだ。
緑色に光るSOUNDボタンを押すことで使用者の好みや曲に合わせて音質調整ができます。


フラット。どの音域も均等に。


高音強調。


低音強調。


中音強調。


ドンシャリ(笑)

他にもVBCボタンを押すことで強調する低音域を60/70/80Hzで選択できたり、SPEANAボタンを押すことで
スペアナ表示を好みのものに切り替えたりと、ここには書ききれないほどの遊べる機能満載です。


赤いロゴが示すとおり、チューナーはAMステレオ対応。


CDトレイはZS-7や5と比べると薄型になりました。


ソナホークシリーズ特徴の1つ、スイーベルスタンドは脱着式から一体式に変化。
持ち運んで使用する際にはやや邪魔な気もします。
電動で回転しますが、縦方向には動作しなくなりました。


電動で開閉する操作盤。
パナ機のコブラトップとは一味違った雰囲気が楽しめます。
使用するファンクションに応じて点灯するランプが変わります。
このパネルに隠された秘密兵器、DBBボタンで低音域の音量を好みの量に調整可能。
ドンスカ鳴らす曲には楽しいです。


スピーカーは小型ながら2系統でサブウーハーを搭載。
ZS-7以来続く自慢の装備の1つ、CCCRは見た目もすっかりエグくなり存在を主張しています。


さりげなくSONAHAWKロゴ。


カセットデッキはオートテープセレクター対応、DOLBY NR Bまでの対応。


カセットテープ再生中の図。画像ではデッキBが動作していることを表しています。


背面側をご覧頂きましょう。


ミキシングマイク、LINE IN/OUT端子が用意されています。
発熱は多めで、大き目の放熱機構は飾りではありません。


乾電池動作も可能。
単1×8本を使用。


リモコン。型式はRMT-C66。
無くすと電動首ふりが楽しません。

戻る