SANYO

あまり話題にならないサンヨー機ですが、他社に負けないくらいの個性を持っています。
さらに当時のカタログを見てみると下位〜上位まで凄まじいフルラインナップぶり。

PH-WCD950 WCD系最上級機。
PH-WCD950(2) 新しく入手したWCD950の修理の様子を一部ご紹介。
PH-WCD850 安価で入手可能な中級機。
PH-WCD660 1988年型WCD3兄弟の末弟。兄貴同様「ワル」なデザイン。
PH-CD460 硬派な機種が多いZooSCENEには珍しいスタイル
PH-Z30 廉価機ながら手抜き無し。
PH-Z40 ZooSCENEの名前はチト重荷か
PH-Z45 PH-Z40のマイナーチェンジ版
PH-Z50 PH-Z60の廉価版といった感じでしょうか
PH-Z60 これまた特徴のあるデザインです
PH-Z9 中古実売価格も安く、Wデッキとしては小柄なサイズ。
PH-Labo 91A PH-Z9のOEM機
PH-Z300 サンヨーセパレート機の最高峰
PH-Z700 Z世代のサンヨーセパレート機
PH-PR910 小型、スタイリッシュで元気な音
PH-PR950 後期primaireの上位機
PH-PR30 フツーのCDラジカセです
PH-MG6 6連装CDチェンジャー搭載
MS 340 初めての「ラジカセ」。U4の海外版?
DC-W05CD おしゃれなCDミニコン


戻る