Panasonic RX-DT75

(1993年発売)
抜群の整備性。残存数の多さからわかる優れた耐久性。迫力の音質。さすがはパナソニックと改めて感心する機種です。
実質的なゴブラトップ機の集大成機であると考えています。

RX-DT75再び

XR7を購入したハードオフで遭遇。かつて所有し、そして手放したRX-DT75。
初バブカセ、PH-Z9の次に購入した機種でしたが派手なギミックや、Z9と比較して力強い中高音に驚いた機種です。
その後事情により我が家を去っていったDT75ですが、あの頃を懐かしく思い一緒に購入しました。

CD読み込まずとの事でしたが、自宅で試してみると何の問題もない??
内部のホコリを吹き飛ばすついでに念のためにピックアップレンズの清掃はしておきました。
しばらくはこのまま様子見をすることとします。

各部の紹介


エグいと言えるまでのデザイン。若者向けと思われるデザイン。


手をかざすと電源が入り、自動的に(「勝手に」とも言う)コブラトップが開く「マジカルコブラトップ」。
正直ここまでは必要ないので電源投入後、まずこの機能を無効にするのが私にとってのお約束。


前モデル、RX-DT701/901のカセットデッキは凝ったギミックでしたが本機もなかなかのもの。
DECK1/2ボタンを押すと…


「ウィーン…カタカタカタ…」電動でデッキがオープンする!
いらんだろ?ここまで?いるか?いやいや、こういう無駄な豪華装備こそ楽しい。


3wayのエイリアン・スピーカー。(勝手に命名)弱点はウレタンエッジ。
苦手なものはシガニー・ウィーバー…ではなく湿気と時間の経過。この個体ではまだ無事なようです。


CDトレイも電動。そういえば最近は8cmシングルCD非対応機が増えているそうで…。


コブラトップを閉じるとデカデカとPanasonicロゴ。
知り合いのネパール人が言うには中国製品が氾濫しているあちらでは、こういった日本メーカーの
ロゴがついた電化製品は大変な人気で高価ゆえになかなか手が出ないのだとか。

Bi-AMP 4-DRIVEはMASHと共にパナ機のイメージ作りに大いに貢献したと思います。


背面側。


外部アンテナ端子の他、外部入力、CD出力、マイク端子。
形状は全てミニジャック端子となりました。


やや離れた場所にヘッドホン端子がポツンと。


もちろん乾電池動作も可能。


リモコン。型式はRAK-RX103WH。

戻る