TOSHIBA RT-CDW80X

(1989年発売)
東芝のオーディオブランド、"Aurex"ブランドで発売されていた大型ラジカセ。
1989年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

CD読み込み不良

CDはTOCを読み込むものの、再生しようとすると停止してしまいます。
まずは内部の様子を見てみます。


配線が凄い状態になっています。


CDメカを引っ張り出し、ピックアップレンズを清掃します。
型式を確認しようと思いましたが、記載を見つけられませんでした。
黒いテープの下かな?


トレイを開いてもすぐに閉じてしまう症状が出ているため、位置検出用のリーフスイッチも清掃します。


CDが正常に再生できるようになりました。

カセットデッキ動作不良

お次はカセットデッキの動作不良を修理します。
両デッキとも再生するとヘッドが持ち上がらず早送りされたような状態になります。


カセットデッキはこの基板の向こう・・・藪をかき分けるようにビスを見つけ出し、基板を取り外さなければいけません。


デッキが見えました。ベルトが溶けてネチョネチョになっています。


根気良く溶けたベルトを取り除いた後で、手持ちのベルトの中から適当なサイズのものを装着します。


カセットデッキもめでたく復旧しました。
ところで入手時、かなり汚れて傷もそれなりにありました。
いつもであればプラスチッククリーナーで磨くのですが、この機種はザラザラした手触りで
大きな粒が吹きつけてある塗装なので、研磨剤を使用すると磨いた部分だけテカテカしてしまう恐れがあります。
そのため今回は水と洗剤のみの清掃としました。
戻る