Victor RC-X770

(1991年発売)
連休中のハードオフ巡りで見つけました。
当時のTVCMでは7スピーカーを大いにアピールしていましたが、その実力はいかに…?

各部の紹介


第一印象は…とにかくデカイ。
前モデルであるX750よりも一回り大きく見えます。


7スピーカーの重装備ラジカセ。


操作パネル左側。ファンクションによってバックライトの色が変化しますが、CHANGEボタンを押すと任意の色に切替えられます。
また、HOLDボタンを押すとファンクションを切替えてもバックライトの色が固定になります。


右側はカセットのダビング専用のスイッチがあるのが珍しい。


モータードライブのボリュームとCDトレイ。"Motor Driven CD Door"の文字。
んー、このメカニズムは結果的にこの機種の寿命を縮めてしまったのではないだろうか。
ドアが開かなくなってポイっと捨てられた個体、あるのでは…


G-HORN EXIIのロゴ。X90のような金ピカステッカーではなく刻印となりました。
IIになって進化したのかコストダウンしたのかは不明ですが、このメカニズムは心地よい音がします。
DACがどうこう言われて神経を集中させなければ違いがわからない物よりも、よほどわかりやすい。


ビクター恒例、動作音の静かなカセットデッキ。
S社のデッキは見かける個体のほぼ全てが故障していますが、ビクター機の耐久性は合格点であると言っても問題ないと思います。


スピーカー。ダミーではなく全て実際に機能するものです。


背面。かつてのビクター機と比べるとかなりすっきりした印象。


X750と同じく電源はコンセント専用です。G-HORN EXIIは乾電池スペースを犠牲にして成り立っているシステム?
外部機器接続端子はマイクのみです。
戻る