Victor RC-X50

(1989年発売)
ビクターの誇るサウンドシステム「G-HORN EX」。
私の知る限り、このRC-X50はG-HORN EX搭載機のなかでは最も廉価な機種です。

CD不調


「CD再生しません」との事ですが、実際には再生できるのですが、音飛びがひどく実用できない状態でした。
ピックアップはKSS-150Bを使用。OPTIMA系ではないんですね。


分解してレンズを磨いてみましたが、、改善せず。


それでは選手交代。手持ちのKSS-210Bに交換します。

これで音飛びは改善。と思ったらCDによってはセットしても延々読み込み続けた後で停止。
CDを読み取りません。
「相性」ということで結論を出して作業終了にしようかと思いましたが、
買ったばかりの傷1つ無いCDだけ読み込めないのが気になり・・・


ちょうどオリジナルのものと同容量のコンデンサをいくつかストックしていたため、交換してみます。


結果、コンデンサ交換前は読み込めなかったCDが正常に再生できるようになりました。


カセットデッキの再生方向をどちら側に切り替えてもインジケーターが常にREV側になっていましたが、
こちらは動作検出用のリーフスイッチを清掃したところ不具合は解消しました。
戻る