Victor RC-X50

(1989年発売)
ビクターの誇るサウンドシステム「G-HORN EX」。
私の知る限り、このRC-X50はG-HORN EX搭載機のなかでは最も廉価な機種です。

各部の紹介


さて、兄貴分のX80やX75と比較して装備がかなり簡素化されています。
ボリューム類は電動ではなくツマミによるスライド式。
その他電源、マニュアルテープセレクタ、ファンクション切り替えもスライド式です。
それでもタイマーとメタルテープ対応は立派。
リモコンには非対応です。


チューナーはアナログ式。


トップローディング式のCDトレイ。この辺は上級機と大差ありません。


カセットデッキはデッキBのみ録音可能なのは他の機種と同じですが、
オートリバースはデッキAのみの対応。
搭載している時計の電源は乾電池からのみ供給可能です。
撮影時は乾電池装着してませんでした。。
このアングル、先代モデルとなるX70の面影を感じます。


スピーカー部。スタンドもそうですが、丸を基調としたX80に対し角を基調にしているように見えます。
ヘッドホン端子は左側スピーカーの下部。


背面側をご覧頂きましょう。


G-HORN EXは乾電池スペースを犠牲にして成り立っているものだと勝手に思っていましたが、、
X50は乾電池動作可能でした。単1×8本。時計用には単3×1本。


CD出力端子、ミキシングマイク端子、ビートキャンセラを搭載。
シンガポール製。

戻る