SHARP QT-C700

(1991年発売)
SEGNOシリーズの中級機。
兄貴分のFX-1000やFX-900はどことなくぼってりしたデザインですが、
このC700はなかなかスタイリッシュだと思います。

各部の紹介


CD再生中の図。
ディスプレイ部のバックライトは非搭載で、表示もシンプルなもの。
派手なギミックはありませんが、製造からそれなりの年数が経過した今となっては
トラブル率も減るわけで「マニアの普段使い用」に良いかもしれませんね。
CD/チューナーの操作系統は全てこちらにまとめられています。


CDトレイにはステンレス風の化粧板が装着されています。
FX-1000の持病だった開閉不良はこの機種では問題ないようです。


カセットを再生してみました。
LEDで動作デッキと再生方向を表示しています。
カウンタは無く、ディスプレイには「TAPE」と表示されているのみです。

カセットデッキの操作系統は全てこちらにまとめられている他、モータードライブの
音量ツマミ、TONE/BASSツマミとタイマー、ファンクション切り替えボタン、電源ボタンもこちら。


カセットデッキはノーマル/ハイポジ/メタル対応ですがDOLBY NRは非搭載です。


バスレフ型のスピーカーユニット。
ダミーのツィーターにプリントされた、ネット越しにかすかに見えるSEGNOロゴがいい感じです。


こちら側はASTロゴ。
グリーンのヘッドホン端子も用意されています。


背面側。


ビートキャンセラ、外部入力端子、ミキシングマイク端子を搭載。


乾電池での動作も可能。
単1×10本(本体稼働用)、単3×3本(バックアップメモリー用)


リモコン。型式はRRMCG0253AFSA。


他の機種と比べるとやや小柄ですが、(私の好きな)ワイド&ローなデザインは
力強いイメージを与えられます。
戻る