SHARP QT-83CD

(1988年発売)
QT-73CDの兄貴分。弟に対して落ち着いた雰囲気が特徴です。
現役当時、グッドデザイン賞を受賞しているようです。
資料によると定価は99,000円。ラジカセとしてはかなり高価です。

各部の紹介


弟のQT-73CDは合計7基にも及ぶスピーカー搭載が目玉装備ですが、このQT-83CDはツインCD搭載でしょう。
ピックアップユニットが移動してそれぞれのテーブル上のCDを再生する、PH-WCD950と同じ方式です。


ツインCD・ツインカムWデッキ。


ボリュームと電源ボタン。
メイン電源で電源offした場合はリモコン操作を受け付けなくなります。
持ち運びの際は端にあるクランプを掴んで移動します。


CDとカセットの操作系統は右側にまとめられています。
チューナーはアナログ式。同期生のライバル、PH-WCD950もそうなのですが
これだけ高価な機種なのだからシンセチューナーでも良かったのでは・・・と思いますが
これ以上の価格アップは避けたかったという事なのでしょうか。


フタを開くとグライコ他、各種切り替えスイッチが現れます。


バックライト付のディスプレイ。
QT-73CDではド派手なスペアナは本機では控えめな印象。
その他の部分のヒカリモノも(当時の機器としては)少な目です。


当時のシャープ機であるからにはツインカムダブルデッキも無論搭載。


12センチスピーカー+ウーハー搭載。


本体左側にはヘッドホン端子とオプション?のサラウンドスピーカー端子が用意されています。


背面側。


外部アンテナ端子、外部入力端子、CD出力端子が用意されています。


乾電池動作も可能。
単1×10本(本体動作用)、単3×1本(時計用)を使用。
時計の電源は乾電池からのみ供給可能で、これが入っていないとコンセントに接続しても時計は動作しません。

入手ガイド


製造から20年以上経過した現在では、現存する個体のほぼ全てがウレタン製のスピーカーエッジが劣化して
崩壊していると思われます。
修理にそれなりの手間や費用がかかることを覚悟する必要があります。

同じくツインカムダブルカセットデッキも耐久性があるとは言えず、再生できないばかりか
電源を投入すると常時異音を発生し続けたり、デッキが開かない等の不具合が発生するようです。
そのせいか、凝ったデザインやツインCD等、かなりの個性派ラジカセであるにも関わらずオークションでは
安価で取引される傾向があります。

腕に自信があれば修理してでも入手する価値のある機種だと思います。
戻る