SANYO PH-Z45

(1992年発売)
PH-Z40のマイナーチェンジ版。
基本設計はほぼ一緒ですが、リモコン対応になりました。

ホコリと汚れだらけ


購入直後の状態。


スピーカーネットは白い固形物が付着し、塗装があちこち剥がれています。
内部はホコリが積もっています。この機種のスピーカー部分はホコリが積もりやすい形状なのです。
これが不幸を訴えかけてくる涙目に見えてしまって、、つい購入。


カセットデッキ部分にも白い塗料が。
これはアルコールで落とせそう。


そこでタミヤカラー使用ですよ。
スピーカーネットの固形物をクリーナーで落としていきます。
下の塗装も剥がれて地金が見えたらタミヤカラーを塗ります。

CD動作不良

CDをセットすると、認識してトラック情報が表示されるのですが再生ボタンを押しても何も起きません。
恐らくタクトスイッチの不良でしょう。


というわけで分解してみました。
タクトスイッチの隙間めがけて接点復活剤を吹きかけます。
カチカチと連打したところ、CDの再生ができるようになりました。
この個体、どのファンクションでも時々片側のスピーカーからしか音が出ていないことがあったのですが、
こちらもファンクション切り替えスイッチに接点復活剤を吹きかけることで解消しました、


ついでに保守情報。
使用ピックアップはSF-90です。


もちろんエアーコンプレッサーとプラスチッククリーナーで清掃を行い、見違えるほど綺麗になりました。
戻る