このサイトをご覧になっている大半の方には当たり前なことばかりと思いますが、「これから自分の愛機を手に入れたい」という方に、
簡単にですが入手の方法と入手前の覚書を作成しました。参考程度にご覧頂ければと思います。

バブルラジカセを入手しよう

一世を風靡したバブルラジカセ達が現役で店頭に並べられていたのは20年ほど前の事。
既に生産中止となっている現在では新品を取り扱う家電量販店には陳列されていません。
現在においての入手方法とそのメリット、デメリットをまとめてみました。

リサイクルショップを利用する
各地で看板を見かける「ハードオフ」から個人経営の小さな店舗まで、古い機械を取り扱う店はバブルラジカセを見かける機会が多いです。
○実物を見て判断出来る
○気に入ればその場で即入手できる
○送料や振り込み手数料が不要

×欲しい機種が限定されている場合遭遇できる可能性は全くの未知数で巡回が苦痛になる
×業者によっては2000年代以前の物は取り扱っていなかったり、故障機は店頭に置かれなかったり、そもそもラジカセを含む家電製品の取り扱いが無い
×交通費と移動時間が必要な上、必ずしも欲しい物に出会えるとは限らない(収穫ゼロが珍しくない)

?入店して黒く大きなラジカセを置かれているのが目に入った瞬間のワクワク感は何とも言えないものがある
 (いざ実物を見て期待はずれでガッカリするパターンと、お宝ゲットいうパターンに二分される)

私がよく利用するショップは、各地にチェーン店を出店している業界大手、ハードオフです。
公式サイトで所在地を探すのが容易な上、どの店舗も同じシステムという安心感は大きいです。
他の業者も見かけたら訪問していますが、当たり外れの差は大きいです。

保証付きの中古AV機器取り扱いがメインですが、バブルラジカセを探すなら「ジャンクコーナー」に足を運びます。
大抵の店舗では奥の方にあります。

ここには故障品、用途不明品、動作するが古いため保証対象外等のアイテムが満載。
見る人によってガラクタと感じるかお宝と感じるか、大幅に変化する品物ばかりです。
この中に、ラジカセが一まとめに置かれている箇所があります。
価格は状態により\315〜\2100が大半、程度が良い場合\3150〜\5250。
レア機ともなると1万円オーバーの値付けをされていたこともありました。

ジャンクコーナーの一角に置かれているラジカセ達。

同じくジャンクコーナー内にはリモコンが大量に置かれている箇所があります。
大量のリモコンが箱にぎっしりと入っているので目的のリモコンを探すのは大変ですが、覗いてみる価値はあります。
リモコンがあるのと無いのとでは利便性もコレクションとしての価値もだいぶ変わってくるからです。

果たして目の前にある大量のリモコンのうち、どのリモコンが愛機や愛機候補機のものなのか判断するのは至難の業ですが、
バブカセ系サイトで写真や型式をチェックしておく・リモコンの型式が本体の型式と似ている・
本体の型式がリモコンに記載されている等いくつか手がかりはあるので、これらを元に頑張って探してみましょう。

絶対に純正の組み合わせでなければ嫌だというのならば話は別ですが、同じメーカー製のラジカセ用リモコンであれば
電源、ファンクション切り替え、音量調整、CDサーチ、カセットデッキの操作等、一通りの操作は出来る場合が多いです。
(但し極端に世代の離れている場合は除きます。)
価格は\75〜\315位ですので、後日純正品が見つかったら改めて購入するとして、とりあえず使えればいいという場合は
妥協して購入するのも悪くないと思います。
乾電池のフタが無くなっていたり、端子部が錆びている事もあるので、その辺も要チェック。

※明らかにTV用、ビデオデッキ用のもの(「チャンネル」「録画」等の表記がある)は避けましょう。

リモコンコーナー
自分にとって必要の無いリモコンでも、他に必要としている人がいるので
乱暴にガラガラと引っ掻き回して傷めるような扱いはやめましょう。

ネットオークション
今や個人・企業問わず取引方法として主力の1つとなったネットオークションで手軽に愛機を探す方法もあります。
○ネットを利用できる環境であれば場所・時刻を問わず愛機を探すことが出来る
○実際に各店舗を移動して探すよりもはるかに効率が良い
○欲しい機種が限定されている場合、型式で検索できる

×その利便性から多くの人の目に触れることになるので、自分以外の誰かが興味を持った場合は競売となる
  特に人気機種ともなると入札が続き終了直前に高騰することがあり、
  終了の何日も前に最高額入札者になったからといってあまり意味が無いため、終了まで気を抜けない。
×振り込み手数料、送料が必要
×実機を見て判断できないため、出品者の故意または過失問わず修復の困難な故障品を掴む事がある
×運搬中のトラブルにより破損する事がある
×見つけてから実際に入手できるまで、やや時間がかかる

利用者数・出品数はYahoo!オークションがシェアNo.1ですが、その他のオークションサイトは利用者が少ない分、
前述のYahoo!オークションでは高額まで競り合うような機種がほとんど入札も無く、
信じられない価格で落札できることもあるため、マメにチェックすると良いことがあるかもしれません。

商品のカテゴリごとにメニューを進み探していくと膨大な出品物を1つずつ見ていく事になってしまうため、
型式で検索できるのは便利です。
検索するキーワードは「RX-DT909」等のフル型式で行う他、「RX-」「CFD-」「ZS-」「PH-」「RC-X」「CSD-」「QT-」等の
メーカーでラジカセに使用している型式の一部で検索するとそのメーカー製のラジカセをまとめて検索できます。

また、型式を入力していなかったり誤った型式を入力しているパターンも多く見受けられるため、
「ラジカセ」や「パナソニック ラジカセ」等と検索することで思わぬ掘り出し物が見つかることもあります。
(大量にヒットすることになるためそれらの中から自分の興味がある機種を見つけ出す手間はあります。)

いずれにしても・・・
どちらの方法で入手する場合でも大抵の場合どこかしら故障している場合が多いので説明文をよく読みましょう。
「ラジオ動作しました。CD、カセット動作しません」等書かれています。
完全動作品ではない場合、妥協できる点を踏まえて購入するか見送るか判断する事になります。

・自分またはメーカーで修理できそうか
・修理できそうだが費用が必要になる場合、どのくらい掛かりそうか
・動作しなくても問題ない機能であれば、そのまま使用するという選択(CDが動作すればカセットが故障していても構わない等)

また、店頭では実機を手に取った上で破損が無いかよく見てみましょう。
特に落下痕がついて破損した個体は内部も破損している可能性が考えられるため、部品取り用途以外では苦戦することになるかもしれません。
店舗によっては動作確認が出来ることもあるので店員さんに申し出てみましょう。

一般的には動作に問題があったとしてもクレームは非対応、自己責任で購入することが条件となります。
例:値札や説明文に「CD動作しました」と書かれていたので購入したがCDを再生しない

その他
自分はラジカセをコレクションしていると他言すると、最初は「え?」という顔をされますが
後でメリットとなることがあります。
・親戚や友人、近所の人から「廃棄するラジカセがあるけど見る?」的な話が来る
・「**というショップで大きな古いラジカセが売られていた」という情報がもらえる 等。

相手はラジカセにさほど興味が無い場合が多いので機種名などは伝わってこないことが大半で、
必ずしも「キターー!」な機種とは限らないのですが、それはそれで1つの出会いとして楽しめる(場合があります)

その他、公園等で開催されるフリーマーケットやネットオークションが始まるまでは割と一般的だった
個人売買掲示板といった方法もありますが、私はまだ未経験です。
フリーマーケットでは昭和20年代〜末期の古いラジオやラジカセは何度か目撃しました。

各入手方法の体験談、ご意見などありましたら是非ご一報ください。


入手時の状態がどんなに悪くとも、自分で修理・清掃したバブルラジカセでお気に入りの曲や放送を聴くのは格別

戻る