SHARP FX-900

(1992年発売)
タッチパネルセグノ第2弾。
装備はFX-1000から一部簡素化されているものの、タッチパネルのシステムは作りこみが進んでいます。

文字が欠ける


表示画面の文字が所々欠けてしまっています。
画像は本来であれば「OPEn」と表示されるべきところですが、ご覧のとおりです。
他にもCD再生中のカウンタも0なのか8なのか9なのか区別が付かないし、これでは不便。


液晶画面の端子がハンダ割れを起こしていました。
同様の症状はFX-1000でも発生していました。
頻繁に小さな圧力が掛かるタッチパネルならではのトラブルでしょうか。
全ての端子に再ハンダを実施します。


正常に文字表示されました。
戻る