SONY Celebrity D-3000

(199?年発売)
連休中のハードオフ巡りで見つけました。
興味のある機種ではなかったけれど、実物を眺めているうちに興味が出てきて購入してしまいました。

蓋は電動、でも…

自宅に到着して早速電源を入れてみると…「ウィーーーーーーーーン」
謎のモーター音が止まらない!なんじゃこれ!フタを手で閉めても勝手に上がってくる!
この機種、フタが電動なんですね。
フタを開閉するモーターがずっと「オープン」な方向に回り続けている模様。
開閉ボタンを押しても変化なし。

このままではうるさくてたまらないので、まずはここから修理することにします。


本体底面にあるインシュレーターを取り外すと、部品結合用のビスが見えました。
まずはこれを取り外して…


両面のウッドはフックで固定されているだけでした。上に持ち上げればポコっと外れます。


あとはCD・チューナー部を取り外してと…思ったより分解は容易でした。
畳の上でこんな作業をやったら痛みますな。


さてフタを支えるアームの根元付近にあるこの基板。
開閉を検知するセンサーに接点復活剤を吹きかけ、何度かカチカチしてみたところ
フタの開閉は問題なくなりました。
戻る