SONY D-2010

(1989年発売)
高級ミニコンポをギュっと圧縮したとでも言えそうな高級ラジカセ。
初代セレブリティであるD-3000の先祖にあたる機種です。

各部の紹介


モータードライブのボリュームとファンクション切り替えツマミ。
電源ボタンは存在せず、トップパネルを開いた場合は照明が点灯したままになるので注意が必要です。


フルロジック、オートリバース対応のカセットデッキ。ドルビーB NRまでの対応。
シングルデッキです。子孫のD-3000セレブリティではレガシーレバイスとして?退化しました。


CDプレイヤーとダイヤル式のチューナー。
至ってシンプルな、、いや、落ち着いたデザインの操作系統です。


ファンクションをCDに切替えただけではバックライトは点灯せず、CDプレイヤーも動作しません。
CDが回転しインデックス情報を読み込むのは再生ボタンを押してからという、ポータブルCDプレイヤーのような使用感。
表示はトラック番号だけのごくシンプルなもの。ヘッドホン端子はココ。


チューナーのスケール表記は普段は見えず、ファンクションをAMまたはFMに切替えた時に
バックライトが点灯し、目視できる状態になります。
このスケール、完全にFM重視ですな。AMはオマケ程度に小さく…AMメインの私はチト不満。
スケールの左にある小さな四角形の物体はFM STERO受信時赤く点灯します。


フタを閉じるとこんな感じ。


背面を見てみましょう。
持ち運びを考慮した「ラジカセ」ではないので電源ケーブルは我々にはおなじみの?脱着式ではありません


TONEツマミとISS切替えスイッチ。「ISS」とは→妨害信号抑圧スイッチとの事です。
外部アンテナ入力端子があるけど、針金程度のものしか接続できない端子形状…。


「NEW CD STERO」


底面には組み立て図が貼られています。誰に向けたものだろう。うーん…あまり役に立たん…。


極性表記付きのコンセント。


リモコン。別途ハードオフで入手。

ド派手ギミックとは正反対にある本機。台所ラジカセとも違う、落ち着いた大人の余暇を愉しむツールといったところでしょうか。


戻る