SONY D-2010

(1989年発売)
高級ミニコンポをギュっと圧縮したとでも言えそうな高級ラジカセ。
初代セレブリティであるD-3000の先祖にあたる機種です。

CD認識せず

CDをセットして、再生ボタンを押しても読み込む音が聞こえるもののすぐに停止してしまいます。
綿棒でピックアップレンズを磨いてみても変化ありません。そこで出力調整を行うことにしました。


取り出してみたユニット一式。
SANYOのSF-87というピックアップが使用されています。
SONY機だけにKSS系だと思っていただけに意外。っていうかコレ、完全に故障していたら代替品を入手できるのでしょうか。


基板側はNECやSONY製の石が満載です。
そういえばNECはかつて子会社がAV機器や家電を販売していましたね。


さて、レーザー出力調整を行ったところCDを認識・再生できるようになりました。
が、写真撮影をしていなくて…これでは何の参考にもなりませんね。申し訳ないです…。
戻る