SONY CFD-DW97

(1989年発売)

CFD-DW9x系最後の機種です。これ以降のドデカホーンはCFD-700や900のような
やや丸みを帯びた印象のデザインになります。

入手エピソード

偶然CFD-DW97のデザインを見て格好いいなあと思い興味が出てきました。
が、検索してもヒットするのはオークションの過去履歴や、かつて使っていましたという書き込みばかりで
詳しく解説されたサイトが見つからない・・・。
オークションを見てみるとDW97が出品されていたため、入札してみることに。
他に入札者は現れず、ストレートで落札です。

動作未検証という事だったのですが、到着してみるとカセットデッキが不動でした。
この時はベルト交換で直るだろうと甘く見ていたのですが・・・。
CD、ラジオは問題なさそう。

各部の紹介


特徴的なボリュームですねぇ。
+または−ボタンを押すと、赤いLEDが移動しながら音量が変化します。

ファンクションスイッチのCDだけ強調されているのが時代を感じさせます。
ヘッドホン端子も他のドデカホーンと同じく2系統付いています。


DW95や93には無かったCD用テンキーが装備されました。
時計はPH-WCD850と同じく、乾電池でのみ動作します。


CD再生中のディスプレイ。シンプルですね。バックライトはありません。


チューナーはアナログ。ローラーがコロコロと転がる特徴的なものです。


絶対壊れているだろうな〜と予想していたCDは、意外にも?動作問題なしでした。


カセットが動作しない。一瞬カタっと音が聞こえるだけで…ヘッドが上がらない。
ベルトを業者に作ってもらって交換してみたところ、デッキAは何とか動作するようになったものの
デッキBは変化なし。
部品の固着やモーターも疑ってみたのですが、今のところ原因は特定できていません。
もしや…ギヤ…?


底面の穴にはカセットデッキ再生速度調整用の可変抵抗が潜んでいます。
ここにドライバを挿入し、中にある可変抵抗を回して速度調整が出来ます。
Nは通常再生用、Hは高速ダビング用でしょうか?分解する必要がなく、これは便利。


背面を見てみましょう。
中央の部分の溝の下にはウーハーが潜んでいます。
他社の製品と比べて特にドデカイわけではありません。


端子類はCD OUT、LINE IN、マイク。

今後の予定

リモコンは入手できていません。
型式はRMT-C110というものらしいのですが、ハードオフで見つけたRM-C100というもので代用しています。

カセットデッキの不調についてもまとまった時間の出来たときにじっくり調査していこうと考えていますが
同じデッキを使用した機種が見つかれば移植も考えています。
どなたか、デッキに互換性のある機種をご存知でしたら教えてください。

戻る