SONY CFD-900

(1989年発売)
新世代ドデカホーンシリーズの最上級機。
ドデカホーン3ケタ機はそれまでのCFD-DW8x/9x等と比べて丸みを帯びたデザインが特徴です。
また、廉価機を除きほとんどの機種でチューナーはシンセチューナーが搭載されたようです。

カセットデッキ故障

カセットデッキが再生ボタンを押しても一瞬ガチっと音がするだけで再生しません。
同じSONY機でもZS系の機種ではカセットデッキの整備が楽になりましたが、CFD系の機種は
あまりいじりたくありません・・・


分解時にはコネクタに目印をつけておくことが望ましいです。



元々装着されていたベルトは切れていませんでした。
プーリーを清掃してみたものの効果が無いため、手持ちのベルトの中から少しだけサイズの小さなものと交換します。


結果、再生するようにはなったものの巻き戻ししてもランプは巻き戻しが点滅したまま早送りされてしまうので、
巻き戻し用のベルトも交換したところ、こちらも復旧しました。
CFD系のデッキは部品が脱落していることがあるのですが、今回はベルト交換のみで復旧して良かった。
まだ微調整が必要な感じがしますが、あまりいじりたくないのと、カセットデッキは使用しないので、
作業はここまでとします。

戻る