電源ケーブル交換のススメ

AM放送の感度が悪い時は送信所の方角に合わせて本体の向きを変えますよね。 デカくて大変だけど。
また、音の方向を調整したい時も同じく本体の向きを変えます。
あるいは、使用中本体の汚れや付着したホコリの気になる箇所があって拭く事もあるかもしれません。
こういった時、本体を動かしたら突然電源が切れてしまったと思ったらその後何事もなく動作したり、
本体側のコネクタが簡単にスポっと抜けてしまった経験は無いでしょうか。

本体購入時に付属してきた電源ケーブルも本体と同じく製造から10〜20年前後経過しているわけで、
抜き差しを何度も繰り返しているうちにへたってきて、やがて穴が拡がり取り付けが緩々になってしまいます。
結果、上記の症状が現れる事があります。

そんな時は電源ケーブルを交換してみては如何でしょうか。
高級品でなくとも、1本\300〜\400円前後で売られているもので十分です。
新品はガッチリと端子に食いついてくれるので、抜けや接触不良のトラブルは確実に減ります。


購入した新品の電源ケーブル。
軟らかく、見た目もピカピカです。


良い機会なので取り付け前に本体側の端子を接点復活剤をしみ込ませた綿棒で磨いてみます。


これだけの汚れが取れました。
(綿棒の頭の部分が影になってしまった・・・)


コンセント側、本体側とも古いものは垂れ下がったり緩々だったりで頼りない状態だったのですが、
新しく換えたケーブルは軽く引っ張ったくらいでは抜けません。

掲示板では主に高級オーディオユーザーの間で「コンセントや電源ケーブルを変えると音質が変わる」
「変わらない」といった議論が交わされています。
音質面での効果は不明ですが、古くなって硬化し、折れたりよれたりした
ケーブルよりも新品のほうが見た目は金属の端子部分もピカピカで気持ちが良く、精神的な安心感が得られます。

戻る