SONY HB-F1XDmk2


廉価ながらFDD搭載で人気機種だったHB-F1XDのマイナーチェンジモデル。
定価はHB-F1XDの54,800円から49,800円に引き下げられました。
恐らくFDDを搭載しているMSX2の中では最も安価な機種だったのではないでしょうか。
MSX2+規格のHB-F1XDJが登場した後もMSX入門機としてしばらくの間、併売されていました。
仕様
発売年1988年
RAM64KB
VRAM128KB
FDD搭載(2DD/1基)
拡張スロット2
漢字ROM非搭載
MSX-JE非搭載
MSX-MUSIC非搭載
その他スピードコントローラー、連射機能

べっ、別に悔しくなんかないんだからねっ!
FDDが赤いほうがシャ○専用みたいで格好いいし!

この機種は、その登場に少々ショックを受けた機種です。
こちらの記事で書いた通り、HB-F1XDは人生初の購入したパソコンとなりました。
翌月、書店で某MSX専門誌を見つけたので早速購入したのですが・・・


おおおおーーーー!?

帰宅して雑誌を読んでいると、目に入ってきたのは新発売したHB-F1XDmk2の広告でした。
値段が5000円も安い・・・さらに、「特製プログラミングおたすけディスク」なる、
何やら使えそうな名前のオマケがついてくる。

10代の少年にとっては5000円の差は大きかったですから、悔しかったですねえ。
あと1か月待てば良かった!と。

そう思ったのもつかの間、更にその翌月にはMSX2+規格の発表と共にHB-F1XDJが発売されて2回目のショックを受けたわけですが(笑)

先代モデルと同等の装備


F1シリーズでおなじみ、スピードコントローラーと連射ターボ機能は、引き続き搭載。
コストダウンと引き換えにこれらの機能が無い、ということであれば当時の私のダメージは
多少、少なく済んでいた、のかもしれない(笑)


筐体デザインは共通ですが、FDDのデザインが灰色になりました。
3.5インチ/2DDの仕様に変更はありませんが、HB-F1XDではダイレクトドライブだったのが、
A1系のMSX2と同じくベルトドライブに変更されています。
動作音がゴワワーとやや低いHB-F1XDに比べて、こちらは少し軽快な音になった印象。
現存機はまず間違いなくベルト切れを起こしていると思うので、ご注意を。

※この個体は千石電商で購入したベルト(サイズ失念)を装着したところ復旧しました。


キーボードは先代モデルから同じものが引き継がれており、良好なタッチに変わりはありません。


ジョイスティック端子は本体右側のFDD下です。
(付属の保護キャップで隠れていますが、2ポートあります)


背面側に映像出力としてRGB出力、コンポジット出力、RF出力、
プリンタ端子、データレコーダー端子。

第2スロットと電源スイッチ、アース端子もあります。


本体左側はコネクタやスイッチ類はありません。


バックアップメモリ用電源は乾電池(単3×2本)


先代モデルのHB-F1XDと並べてみました。
外見では筐体がHB-F1XDの緑がかった黒から黒色になり、FDDが赤から灰色になった他、表面のプリントが若干変化しています。
内部構造は私の見た限りでは以下の点が変更されていました。
・FDDがダイレクトドライブからベルトドライブに変更
・内部の金属シールド板が小型化された
・メイン基板のリビジョン番号が上がっている(実装部品に変化はないが、配線の取り回しが一部変更されている)

入手ガイド

使い勝手はHB-F1XDと変わりないので、そちらと迷っている場合はカラーリングの好みで決めて問題ないと思います。
HB-F1XDほどではありませんが、オークションやハードオフでの遭遇率は高いです。
但し前述の通り、FDDがベルト駆動なので残存機はほぼ間違いなくベルト切れをしていると思われるため、
FDDが不要であると割り切るか、あるいは自分で修理する自信がある、修理済みのものを入手する等の対処が必要です。

HB-F1XDと使い勝手が変わらないという事は、裏を返せば漢字ROMも同じく非搭載なので、ご注意を。
(先代のライバル機だったFS-A1FはJIS第一水準のみですが漢字ROMを搭載しています)


現役だった頃に併売されていた兄貴分、HB-F1XDJとの価格差は定価ベースで2万円。
これはXDJの広告ですが、小さくXDmk2も載っているのがお分かり頂けるでしょうか。

それはそうとして広告の中の登場人物「小林君」がどことなくア○ロに似ているなあと当時思っていたけど、今見てもやはり似ている。

FM音源や漢字ROMが必要になった場合別途購入する必要があったものの、
結果的にMSX2+専用ソフトがほとんど出ず、MSXやMSX2用の豊富なソフトが利用できた事を考えれば
コストパフォーマンスの良い機種だったのではないでしょうか。

戻る