バブルラジカセファンサイト
バブリズム
単体でCD、ラジオ、カセットが楽しめるオールインワン性。
持ち運びが容易で、コンセントと乾電池のどちらでも動作する機動性。
屋外ではポータブルオーディオ、屋内では簡易音響機器として活躍する「ラジカセ」。

バブル真っ盛りの頃80年代後半〜90年代前半には、本来のポータブル性をやや犠牲にした
重装備ラジカセが一種のブームとして当時の若者の憧れでした。
メモリーオーディオ全盛の今ですが、当時発売されていた個性的なラジカセたちを
懐かしみつつ、ご紹介します。

更新履歴
2013/2/24 メーカー別「SANYO」に「PH-CD460」を追加。
2015/1/4 レトロPCを懐かしむレトリズムコーナーを設置。
機能していなかったメールフォームを修正。
(メールアドレス失効していました・・・)
2016/2/14 メーカー別「SONY」に「ZS-8」を追加。

メーカー別ラジカセ紹介
Panasonic バブカセメーカーでは一番人気。
SONY なぜかバブカセ系サイトであまり見かけないソニー。
SANYO ラインナップ・個性共にパナソニックに匹敵
aiwa 今は亡きアイワもかつては一大勢力でした。
Victor この頃のビクターは好調でした
SHARP X68000以外シャープ製品を買ったことがなかったが…
TOSHIBA Aurexブランドで市場に参戦
HITACHI OEM機が中心ですが…
Pioneer ラジカセではないけど、とても気に入っているので
BOSE 独特の音が味わえます

メールフォーム   バブルラジカセ意識調査   ブログ   リンク   その他

新コーナー、レトロPCを懐かしむレトリズムはこちら

注意1:発売年はバブルラジカセ博物館(注:現在は運営停止)を参考にさせて頂きました。
注意2:一般的にオーディオファンは「ドンシャリ」な音質を嫌う傾向がありますが、逆に私はそういった音質が好きです。
     その辺は個人の好みの問題があると思いますので、音質についてはあまりふれません。
     当ページではあくまでデザインの紹介をメインにします。
注意3:当サイトでは機器譲渡、修理請負、修理相談等は受け付けていません。

管理人の自己紹介はこちら